長年付き合った我が家のトイレが…

“家を建てた年から数えて15年以上、一度も壊れずにいた我が家のトイレが先日とうとう壊れてしまいました。
症状としては、トイレのレバーを回した後に「ブチッ」とか「ボゴンッ」というような嫌な音が聞こえた後に、水が全く流れなくなりました。
どう考えてもタンクの中から音が聞こえたので、慌てて中を開けて原因を探してみると、タンクの中のゴム栓とレバーを繋いでいた部分が見事に壊れて…
と言いましても、チェーンがちぎれていたのではなくゴム栓のチェーンと繋がっていた場所が、おそらく長年の劣化に耐えきれずに壊れていました。
トイレを一度使うごとに、タンクの中に手を突っ込んでゴム栓を引っ張り上げて水を流さなければいけない状態です。
どうにかならないかと四苦八苦しましたが、どうにもならなかったので諦めて業者さんに来ていただくことにしました。
運悪く忙しい時期だったのか、手動で2日ほどトイレを流しましたが、3日目千葉水漏れ業者さんに来ていただいて見てもらいました。
ですがなんせ15年以上前のトイレですから、同じ部品は既に製造していないという事でしたが代替の部品を見つけてもらい、1時間ほどで綺麗に直して頂きました。
自力で出来る事もありますが、やはりプロにお任せすると早いなと実感した出来事でした。”