トイレの掃除をしていてパイプを壊してしまった

私はトイレの大掃除をしている時に全部拭き掃除をするのですが起き上がる時に勢いあまってトイレの水を流すパイプに頭を強打してパイプを壊してしまいました。しばらく水が止まらなくなってしまって沢山タオルを持ってきて床一面タオルを引きました。直ぐに京都水漏れ業者に電話してもその時は仕事でみんな出払っていて家に車で5時間かかりました。

その間に他の会社にも電話をしたのですがその時タイミングが悪い事に凍結や故障が相次いで他の業者に頼む事が出来ませんでした。しょうがないので大きゅう処置を他の会社に聞いて私も慌てていたのでしばらく大量のタオルで出てくる水を拭き取るのとバケツに水を溜めて捨てるのを繰り返しながら待ちました。

5時間後に専門の業者さんが来た時はホッとして体の力が抜けました。すぐに対処してくれてやっと元のパイプに戻してもらいました。トイレの掃除はそれから気を付けてやろうと思いました。パイプ付近は嫌な思いをしたのであまり掃除をしなくなりました。

水のトラブルで一番困った経験

我が家の水のトラブルと言ったら、一番困ったのは給湯器が故障してしまって、お湯が出なくなってしまったことです。

それまで何事もなく、当たり前に毎日使用していたものがいきなりの故障で、その時にはどうしたものかと途方にくれてしまいました。もともとマンションに入居した時から設置されていた給湯器ですので、今までこういった物を購入した経験もないために、値段や、設置にかかる費用、どこで購入すればいいのかなどと分からないことだらけでした。

本体を見たらどう考えても自分では設置できそうもないので、我が家の場合は横浜水つまり業者をいくつか調べて、一番信頼できそうなところに頼むことにしました。設置まで迷ったので5日ほどはお湯のない生活を送りました。

季節が夏だったのでまだ良かったかもしれませんが、それでもやはりお風呂が一番困りました。やかんでお湯を沸かしながら次々とそれを水に混ぜて必要最低限のお湯を作って、とりあえずはしのぎました。

業者に来ていただくと、作業も3時間ほどで済み無事にお湯が開通した時には思わず拍手をしました。お湯のある生活って素晴らしいと、心から感じた経験です。